トピック

国際恋愛

たまたまエレベーターで一緒になったり、レジで横に並んだだけなのに見知らぬ人同士で会話がはずんだりと、日本と比べてアメリカには気さくな人が多くいます。

ウェディング

準備から挙式当日まで、アメリカ式の結婚式をご紹介します。

ソーシャル・セキュリティ番号

ソーシャル・セキュリティは、日本の年金制度にあたるアメリカの社会保障制度を受けるための登録番号で、納税の為の番号でもあります。

親の呼び寄せ

アメリカに長期滞在、または永住している人にとって、日本に暮らしている親の健康状態は、年々不安のたね。特に、親一人、子一人の境遇にあっては、アメリカに呼び寄せて一時的な間、または将来的に一緒に暮らし...

アメリカで起業

ビジネスを始めるための法律は、州によって異なります。会社設立を専門としている公認会計士や弁護士、代行業者が代行してくれます、自分一人でもできないことはないようです。

人事労務管理

多種多様な人材が存在する南カリフォルニアでは、優秀なスタッフを採用し、正しい管理を行うことがビジネス成功へのカギとなります。

クレジットカードを受け付ける

レストランを開店したり、インターネットで商品を販売したり、フリーランスで自分の専門分野を活かしたサービス提供にはクレジットカード端末機があると便利です。

日系・アジア系ビジネス団体

日本人が多い南カリフォルニアでは、日本企業や日系企業に対し多様な面でサポートを行っている団体が数多く存在します。

生命保険

万一の時を含め将来に備えるための「生命保険」。大切な家族に経済的負担をかけないためにも、事前にしっかりと考えておきたいものです。

高齢者介護

高齢化社会が急速に進んでいるのは日本もアメリカも同じです。しかし、介護に関しては、日米では大きな違いが一つあります。

マイホーム購入

不動産の取引と言えば、日本では一部の専門業者以外の人にとっては『一生に一回、あるかないかの一大行事』かもしれない。

陪審員制度

陪審員召喚状(Jury Summons)が届いたら、陪審員を務めることはアメリカ市民の義務です。ただし、運転免許証や選挙権を持つ者の中から無作為に陪審員召喚状が郵送されるので、市民でもないのに召喚状が届くことが...

国籍の選択 (市民権と永住権)

永住権(グリーン・カード)を持ち、アメリカに住んでいると、市民権を申請できるようになります。日本国籍を維持でき、アメリカに永住できる永住権。

市民権の申請

アメリカの市民権を取得すると、アメリカ市民として投票権やアメリカのパスポートを持つ権利、国外にいてもアメリカ政府の保護を受けられます。

市民権テストチェックポイント

市民権テストによく出る基本用語とその解説をご紹介します。

市販薬

医療費が高いアメリカでは、「医者に頼らず自分の体は自分で守る」というのが基本的姿勢とされています。

不動産投資

投資には大まかに分けて「株式」「債券」「不動産」の3種類あります。その中でも不動産投資は、多額の金額を必要とし、なかなか手を出せないものと思われがちです。

年金

年金は老後の生活のため、若くて働ける現役時代のうちに少しずつ自分のお金を積み立てていく法律に基づいた国の制度。

住宅ローン

アメリカでは、住宅ローンは銀行やクレジットユニオンと共にモーゲージブローカーやモーゲージバンクと呼ばれる専門の金融業者が扱っているが、ここでは住宅ローンを含むすべての消費者金融の保護を目指して新た...

企業保険

ビジネスの業務内容によって加入する保険が異なっているが、ここではほとんどの業種で必要な、ビジネスを運営するにあたり重要な保険の内容を簡単に紹介します。

ページトップへ

アメリカで出産・子育てをするママたちへ nestforbaby.com