アメリカでの日本語教育


将来帰国の予定、または永住予定の場合でも、子どもたちに日本の文化や言語に触れさせるため、日本の教育を意識して日本語が学べる学校に通わせるという選択肢があります。ロサンゼルスは全米でも学校数が多いので、多様な目的に応じての選択が可能です。また、渡米直後で英語の苦手な子どもたちのためには、授業は各科目英語で行いながら、日本人教師陣が日本語でサポートを行っている学校もあります。幼稚園から高校までを対象に各種プログラムが用意されており、主に日本人駐在員や、日本人永住者が多く居住するサウスベイ地区を中心に、サン・ゲーブル地区やオレンジカウンティなどに集中しています。

 

日本人学校

主に日本帰国後の教育や受験に対応することが目的の学校。日本で使われているものと同じ教科書・教材が使われ、3年の任期で文部科学省を通して各都道府県から志願派遣されてくる日本人教師により、日本のカリキュラムに沿った授業を受けられる。全日制日本人学校では日本語だけでなく英語教育にも力を入れ、現地校との交流や地域のボランティア活動に積極的に参加するなど国際性を身につけるための教育が行われている。

 

日本語学校

日本語の習得を目的とした学校。それに合わせて、日本の文化や行事、歴史、社会についての教育を行う日本語学校などもある。主に、日系2世以降の家庭での使用言語が日本語でない日本人の子ども、また、年齢を問わず日本に興味のある母国語を日本語としない日本語を学びたいという子どもたちが通っている。

 

日本語補習校

現地校に通いながら、日本語能力の保持と帰国後の教育への対応を目的とした学校。日本人学校が設置されていない都市に多く存在し、週末や放課後の時間帯に授業が行なわれる。限られた授業時間数の中、日本と同学年のカリキュラムに沿った授業を受けることになるので、たくさんの宿題や授業の予習・復習が欠かせない。そのためには家での学習環境やサポートが重要になってくる。補習校の授業についていくためには、ある程度の日本語力が必要なので、入学時には試験と面接がある。補習校の高等部で履修した授業は、クレジットテストを受験すれば、アメリカの大学の外国語クラスの1クレジットとしても適用される。日本語の授業だけでなく、始業式、運動会、卒業式など、ほぼ日本と同じ形で日本の学校行事なども体験できる。学校設備を持たず、現地校の校舎を週末などに借りて授業を行う学校も多く、授業日だけに校舎や設備を使用できるなど、時間が限られているため、保護者が学校行事や図書室運営、登下校のサポートをしたり、校内の警備ボランティアを分担したりして運営を助けている。

 

学習塾

帰国後の進学や受験に備えて高い学力を養うことを主な目的とする。現地に経営母体を置く日本人向けの学習塾や、日本の大手の塾が運営する学習塾があり、早期教育や特殊な教育方針など、それぞれ独自のポリシーで帰国後の教育対策と受験対策を行なっている。放課後、週末、夏休み、冬休み、春休みなどの特定の期間、また特定の科目のみなど、多様なニーズにあわせて選択ができる。

 

通信教育・オンラインスクール

通学できる範囲に日本語学校がない場合や、週末・アフタースクールには現地校のアクティビティに参加していたり、スポーツの練習や試合などがあり、通学する時間が取れない場合などに利用される。1対1だけでなく、インターネットでの、オンライン・リモート授業を行う塾や家庭教師システムも増え、気軽に日本や海外、他州にいる講師とパソコンのウェブカメラを使用してビデオコールやチャットで授業を受けることができる。授業は、特殊なホワイトボードを使ったソフトウェアを使用して図や文字を書いたり、既存のウェブサイトを参照したり、Eメールを使ったりと、科目内容だけでなく、基本的なパソコンの利用方法も学習できる。時差を有効利用して授業時間も深夜や早朝でも融通が利き、旅行中でも授業を受けられるのもオンラインの利点。グループレッスンができる学校もある。

 

公立学校

日本にゆかりのある地域の公立学校では、外国語クラスとして「Japanese」がある場合もある。下記の3つは、クラスだけでなくプログラムとして日本語教育に力を入れている。

  • El Marino Language School
    11450 Port Rd. Culver City
    (310) 842-4241 elmarino.ccusd.org
     
  • Verdugo Wood lands Elementary
    1751 N. Verdugo Rd. Glendale
    (818) 241-2433 (担当:Aya Taylor)
     
  • Dunsmore Elementary School FLAG Japanese
    4717 Dunsmore Ave. Glendale
    (818) 248-1758 (担当:Aya Taylor)


本サイト上に掲載される記事、インタビューまたはその他の情報に含まれる見解や意見のすべては、ライター個人の意見であり、必ずしもLA-ENGINEの意見を反映したものではありません。

ページトップへ

アメリカで出産・子育てをするママたちへ nestforbaby.com