スーパーマーケット


アメリカで一般的な、食料品店・スーパーマーケット・ファーマーズマーケットを、各店の特徴と一緒にご紹介します。

 

キレイで品揃えが豊富、大型スーパーマーケット・チェーン

  • ラルフス Ralph’s
    www.ralphs.com
    南カリフォルニアで220以上の店舗を展開する、1873年創業の老舗。総合スーパーとして生活必需品は何でも売っている。ホリデーやイベントに合わせた販促商品では、アパレルや雑貨もお値打ち価格で販売。総菜コーナーと精肉、鮮魚はトップクラス。フレッシュ・フェアと呼ばれるグルメ・ストアには珍しい食材も揃っている。無料のRalphs Rewardsカードを使えば割引とポイントが同時に付いてきてお得。
     
  • ボンズ Vons
    www.vons.com
    全米スーパーマーケット・チェーン、セーフウェーの傘下で、南カリフォルニアに約300店舗を展開している。ライフスタイル・ストアと名付けられ、生鮮食品を強調した店舗に装備されている。姉妹チェーンにパビリオンズもあり、グルメ食材も揃っている。有機食品のストア・ブランドである「O」や自然食品の「オープン・ネイチャー」は健康的でお値打ち。ガソリン・スタンド併設店では、Vons Clubカードを使えば、1ガロンあたり10セント~1ドル引き。その他特別割引も行っていることがある。
     
  • アルバートソンズ Albertsons
    www.albertsons.com
    アメリカの食品卸最大手のスーパーバリュー社傘下のスーパーマーケットで、南カリフォルニアには180店ほどの店舗を展開。セーボンと呼ばれるドラッグ・ストアを併設する店舗も多い。

 

安く買いたいなら!スーパーセンター・会員制倉庫型店

  • ウォルマート・スーパーセンター Walmart
    www.walmart.com
    生鮮食品売場もあるディスカウントのスーパーセンター。南カリフォルニア地域には15店舗余りしかないが、価格の安さでは並ぶところがない。店舗によっては、アジア系の食品を充実させているところもあり、有機食品やグルメ食品も一部置いてある。何と言ってもワンストップ・ショッピングで生活必需品を全て揃えられるのは便利。
     
  • ターゲット Target
    www.target.com
    大手のディスカウント・ストア・チェーン。最近は生鮮食品売場を追加して改装しており、買い物に便利。同社のクレジット/デビット・カードを利用すると、買い物額の5%が値引きされる。本格的なスーパーマーケットを備え持つスーパー・ターゲットも南カリフォルニアに6カ所ほどある。
     
  • コスコ Costco Wholesale
    www.costco.com
    日本にも進出しているコスコは、商品は限定されているがお値打ちは最高。生鮮食品から大型家電まで揃っており、全て持ち帰り扱い。ガソリン・スタンド併設店も多く便利である。会員費は年間55ドルと、キャッシュバックが2%貰えるエグゼクティブ会員の110ドル。
     
  • サムズ・クラブ Sam’s Club
    www.samsclub.com
    ウォルマートの子会社の会員制倉庫型店。コストコと競合しており、ブランドによっては安いものもある。年会費は$45から、数々の特典が付いた100ドルのプラスメンバーまで。

 

オーガニックにこだわるなら…自然食品店

  • ホール・フーズ・マーケット Whole Foods Market
    www.wholefoodsmarkets.com
    自然食品店で最大手。南カリフォルニアには約30店舗あり、ヘルシーなライフスタイルを提案している。世界中のメニューを揃えたレストランも入っており、朝食のオムレツから寿司までバラエティ豊か。それぞれの売場で冷凍食品、飲料、生鮮食品などの試食を行っており、ビタミン・サプリ売場の品揃えも豊富。隔月くらいで発行されるホール・ディールという冊子には、レシピや割引クーポンが満載されておりお得。
     
  • スプラウツ・ファーマーズ・マーケット Sprouts Farmers Market
    www.sprouts.com/
    生鮮食品を中心とした自然食品のマーケット。青果や食肉は求めやすい価格でお値打ちである。南カリフォルニア地域に60カ所足らずの小型の店舗を展開している。ビタミンやサプリメントも揃っている。

 

スペシャリティー・ストア

  • トレーダー・ジョーズ Trader Joe’s
    www.traderjoes.com
    パサデナで創業された地元の小型の食品とワインのスペシャリティー・ストアだが、今や全米に展開され320店舗以上のチェーンとなっている。2,000程しかないアイテム数で、商品のほとんどがトレーダー・ジョーズ・ブランドだが、品質は高く、豆腐などはハウス食品が提供している。社員のほとんどが商品の味見をしており、自分の味覚で商品紹介をしてくれる。チーズ、冷食、ワインなどはとくにお値打ち。

 

ファーマーズ・マーケット

  • フェアファックス・ファーマーズ・マーケット Third & Fairfax Farmers Market
    www.farmersmarketla.com
    6333 W 3rd St Los Angeles
    月-金曜:9am-9pm、土曜:9am-8pm、日曜:10am-7pm
    ロサンゼルスの名所のひとつともなっているマーケット。青果、食肉などは地域の有名店が提供。屋外の市場のような建物は、歩いているだけでも楽しい。隣接しているザ・グローブは、ノードストロムやアバクロをはじめ有名チェーンの大型店が揃っている。

  • その他にも、ロサンゼルスのダウンタウンには、セントラル・マーケットを始め、場所を変えてほぼ毎日開かれている。サンタモニカ・プレースのショッピングセンター内にも、ザ・マーケットの名前で開店した。産地直送の新鮮な野菜から取れたての魚介類まで、料理に必要なものはたいてい揃っており、自家製ソースや生花もあり、思わず財布の紐が緩む。ロサンゼルス郡農業局から認定されたファーマーズ・マーケットであれば、カリフォルニア産の食材のみを扱っている。


本サイト上に掲載される記事、インタビューまたはその他の情報に含まれる見解や意見のすべては、ライター個人の意見であり、必ずしもLA-ENGINEの意見を反映したものではありません。

ページトップへ

アメリカで出産・子育てをするママたちへ nestforbaby.com