アメリカでは、歯に対する意識がとても高く、健康で美しい歯はステータスシンボルです。アメリカの歯科医療は専門医によって細かく分業されており、ふだん患者が歯科医院で受ける治療の大半を行う「一般歯科」の他に、主に6分野に分けられます。

 

 

一般歯科 (General Dentist)

口腔内に違和感があるときに、最初に行くべきところが一般歯科。主に予防(定期検診、クリーニング)や虫歯治療を行います、歯科医院によっては歯周病、小児、補綴、審美、矯正、インプラント、口腔外科など、幅広く対応しているところもあります。

 

矯正歯科 (Orthodontics)

不正咬合(出っ歯、乱杭歯、八重歯、受け口など)の噛み合わせの悪い歯を、ワイヤーやアライナーなどの矯正器具によって正常な位置に移動させ、審美性や顎口腔機能の回復を目的とした治療を行います。

 

口腔外科 (Oral and Maxillofacial Surgery)

親知らずなど深くに埋まっている歯の抜歯、口のケガや顎の骨折、インプラント治療など、虫歯や歯周病の治療を除く額口腔内の外科処置を専門とします。

 

小児歯科 (Pediatric Dentistry)

永久歯が生え揃うまで(14歳くらいまで)の患者を対象に、検診、クリーニング、むし歯治療、フッ素塗布、シーラント、噛み合わせのチェックなどを行います。子供の成長発育に関する知識を有し、親への歯科指導を含め、予防に力を入れています。

 

歯内療法(治療)科 (Endodontics)

一般に言う「神経治療」の専門医で、歯の根の中の管(根管)に関した治療を専門に行います。

 

歯周病科 (Periodontics)

主に歯肉炎や歯周炎の治療を専門とし、インプラント手術や歯肉・骨の再生治療など、歯周組織を機能的、審美的に回復させる治療を組み合わせて行います。

 

補綴歯科 (Prosthodontics)

歯冠や歯の欠損を、補綴(ほてつ)物(義歯、クラウン、ブリッジ)などの人工物で補い、見た目と機能を回復させます。

 

いつまでも健康で美しい歯を保つためには、日頃のケアと早期発見・早期治療が重要です。定期的に検診とクリーニングを受け、歯と歯茎をケアしましょう。

 

 

原稿提供:北歯科医院

ディレクトリカテゴリ:歯科



本サイト上に掲載される記事、インタビューまたはその他の情報に含まれる見解や意見のすべては、ライター個人の意見であり、必ずしもLA-ENGINEの意見を反映したものではありません。

ページトップへ

JPy+ magazine. Kawaii Happy from Los Angeles. Cross Marketing Grounp USA