帰国準備


帰任・帰国前に確認に確認することのチェックリストをご紹介します。

 

 

帰国が決まったらすぐにやること

  • 帰国日を決める
  • ビザのステータス及び滞在可能期限の確認
  • パスポートの期限の確認。特に、アメリカで生まれた子どもがいれば、パスポートの取得が必要となります。
  • アパート&家の解約通知の条件を確認しましょう。1〜2ヶ月前までが一般的です。退去が決まったら家主に通知を書面にて提出しましょう。家の売却は、家を購入したときにやり取りをした不動産業者などに相談することをお勧めします。

 

帰国2ヶ月前までにやること

  • 航空券の購入
  • 引越しの手配。3月、4月などの繁忙期は特に早めに予約しないといっぱいになることも。
  • 子供の学校への通知/子供の学校について情報収集

 

帰国1ヶ月前までにやること

  • 引越し荷物の大まかな仕分け。処分不用品、船便、航空便、携行するものに分ける。
  • 帰国直前・直後のホテルの予約 (必要な場合)

 

帰国まで1ヶ月をきったらやること

  • 各種解約手続き
    銀行口座に一定の金額を残しておけば (銀行によって異なる、帰国後も口座を保持することが可能です。また、毎月の残高レポートを日本の住所へ送付してくれる銀行もあります。ただし、日本からアメリカの銀行口座を閉めることも可能で口座を閉めてしまう場合は、クレジットカードの停止と請求書送付先住所の変更を忘れずに行って下さい。
  • 郵便局への届出、郵便物の転送 転送先には日本の住所も指定可能。
  • 総領事館在留届&在外選挙登録の抹消手続き
  • 電気・ガス・水道など各種公共料金、電話、インターネットなどの解約手続き。
  • 各種保険も手続き。生命保険に関しては、解約しなくても手続きをきちんとしておけばアメリカで加入した保険を日本からでも受け取ることができます。
  • 車の売却
  • 子どもの学校の在籍証明書および成績証明書の発行

 

帰国直前にやること

  • アパートの掃除。借家の場合、掃除や修理が必要なものSecurityDepositから引かれるので事前に念入りに掃除することをお勧めします。


本サイト上に掲載される記事、インタビューまたはその他の情報に含まれる見解や意見のすべては、ライター個人の意見であり、必ずしもLA-ENGINEの意見を反映したものではありません。

ページトップへ

JPy+ magazine. Kawaii Happy from Los Angeles. Cross Marketing Grounp USA