運転免許の取得について


1. ハンドブックで交通ルールを確認

 

2. 申請手続き

電話かオンラインで予約が可能。申請は1年間有効で、筆記試験は3回まで受けられます。3回とも不合格の場合は、もう一度申請料を支払い、再申請をします。

申請に必要な書類

  • 申請料 $33(クレジットカード不可 )
  • DMVで入手した申請用紙 DL44フォーム(コピーは不可)
  • ソーシャルセキュリティ番号 (SSN)
  • 身分証明書(パスポートなど)
  • 本名を証明するもの(身分証明書と違う場合)

 

3. 視力検査

両眼で数メートル先のアルファベット文字を読み上げます。基準は20/40で、検査に通らなかった場合、視力が20/70よりも悪くなければ、30日間の臨時の免許が発行されます。検査結果 (DL62) を渡されるので、それを持って眼科・検眼医を受診し、メガネやコンタクト等の視力矯正を行います。

 

4. 筆記試験

視力検査を通過し、指紋採取・署名の後、同日に筆記試験を受けることが可能です。36問中、28問以上正解すると合格です。再試験を受けるには、7日以上間をあけなければなりません。合格したら、実地試験の予約を取りましょう。

 

5. 仮免取得

筆記試験に合格すると60日間有効(延長可)の仮免 (Provisional Instruction Permit) が与えられます。仮免は運転する際、必ず携帯しましょう。カリフォルニアの運転免許を有する18歳以上の大人が同乗する場合に限り、路上での運転ができます。その同乗者は、いざというときに車のコントロールができる位置に座っていなければなりません。

 


▶︎▶︎▶︎ 筆記試験の問題集(全203問)はこちら。

▶︎▶︎▶︎ 筆記試験に合格したら、次は一般路上での実地試験。



本サイト上に掲載される記事、インタビューまたはその他の情報に含まれる見解や意見のすべては、ライター個人の意見であり、必ずしもLA-ENGINEの意見を反映したものではありません。

ページトップへ

JPy+ magazine. Kawaii Happy from Los Angeles. Cross Marketing Grounp USA