Auto Accident Hotline (Law Office of MK Kim, APC.)

Phone (310) 922-6601
Address 3055 Wilshire Blvd #800, Los Angeles, CA 90010
Website http://www.autoaccident-hotline.com/
Links
大きい地図で見る

24時間無料相談受付中。事故に遭ったら、すぐにお電話ください。交通事故・傷害事故の専門家があなたの権利を守り、損害を補償するお手伝いをいたします。

事故の被害にあってしまったら、すぐにカリフォルニア交通事故&傷害事故無料相談センターにお電話ください。

カリフォルニア州では、毎日、殆どの人が運転手または乗客として自動車、バス、地下鉄、トラック、オートバイ等の車両を利用しています。
日々の運転中、同乗中、歩行中に、気をつけていても、交通事故の被害者となってしまう可能性は誰でもあります。
そんなとき、日本とは異なる、当地での法律に基づき、あなたの権利のために戦わなければなりません。
多くの場合、保険会社が示談交渉を行いますが、保険会社、警察との英語でのやりとりや、DMVの手続き等は煩雑で、お仕事や学校の合間に相当な時間を取られます。
ケースによっては、加害者が非を認めず、長期に渡ることもよくあります。
相手方は自分を弁護するために弁護士を雇ったり、事実と異なる証言を行ったりし、訴訟になることも数多くあります。
最初の段階から、あなたの発言は記録され、後になって覆すことはできません。言語の壁もあり、うっかり不利になる発言をしてしまったために、あなたにも事故責任割合がある、もしくは加害者とみなされ、かなりのストレスを受けます。
あなたの権利をしっかり守り、最善の処置を行うためには、事故発生後、何よりすぐに専門家に相談することをお勧めします。

当センターでは、交通事故や傷害事故の被害者の皆さんが、言語やステータスの壁に臆することなく、その権利を守り、損害を補償するためのお手伝いをいたします。
交通事故&傷害事故の専門家が事故処理のアドバイスを無料で行います。
また、必要に応じ、専門弁護士チームが、あなたの代理として、諸手続きを行い、相手方の保険会社、弁護士等と交渉や、裁判所への出廷を行います。


あなたは、お仕事や学校に支障をきたすことなく、安心して日常生活を送ることができます。
また、カリフォルニア州外へ旅行中や出張中に、事故に遭ってしまった場合でも、当該州の機関や弁護士と連携し、同様のサポートが可能ですので、まずは、お気軽にご相談ください。

相談料や、弁護士費用は一切かかりません

アメリカの場合、交通事故や傷害事故の弁護士費用は、『成功報酬』という形が一般的にとられています。
成功報酬の割合は個々の契約によって変わりますが、弁護にかかる諸費用は、加害者の保険会社からの損害賠償より支払いが行われるまで立て替えという形が取られるため、被害者であるあなたがあらかじめ支払わなければいけない費用は一切ありません。

加害者側の保険会社からの損害賠償には、あなたの車の修理、医療費、修理中のレンタカー代、弁護士費用、お仕事を欠勤したことによる損失の補填等が含まれます。

ページトップへ

アメリカで出産・子育てをするママたちへ nestforbaby.com