医療制度


日本では、風邪や怪我でクリニックや病院へ行くと外来でもすぐに診察を受けられますが、アメリカでは、緊急事態を除き、まずは自分のかかりつけの主治医に連絡をし、受診の予約を取ります。

 

 

内科医・一般医・家庭医、女性の場合は婦人科医・産婦人科医、子供の場合は小児科医といった主治医は一般的に「ホームドクター」や「プライマリケアフィジシャン(PCP: Primary Care Physician)」と呼ばれ、加入している保険の紹介や病院側の判断により選びます。主治医の診察後、専門的な診察が必要な場合は専門医(Specialist)を紹介(Referral)してもらいます。アメリカでは、医療サービスの高度化により、役割の細分化がなされています。日本では、町の診療所でもレントゲンなど設備が整っていることが多いのに対し、アメリカのクリニックでは単なる診察室しかない場合も多く、一般にレントゲン、CT、MRIなどの検査は別の外来専門の施設や病院で行われます。

 

「クローズド・システム」と「オープン・システム」

日本では診療所は比較的簡易な治療を提供し、病院は高度な医療を提供するといった認識がされており、入院時には病院の勤務医が担当し、患者が医師を選ぶということは行われません(クローズド・システム)。アメリカでは、病院が外部の医師に対して開かれている「オープン・システム」で成り立っており、主治医が、患者に対する治療全体に対し責任を負い、患者の入院前、入院中、退院後まで一貫して担当します。主治医である開業医は契約先の病院に自分の患者を入院させ、必要な検査や看護を受けられるよう手配を行い、病院に通って診察を行います。このシステムのため、それぞれの医師、各検査施設、病院、薬局などから別々に請求書が送られます。

 

緊急時には

アメリカでは基本的に予約がないと突然の外来患者(Walk-in Patient)の診療をすぐに受け付けてくれません。意識がない、痙攣、倒れて動けない、呼吸困難など緊急時には、911をダイヤルし、救急車を呼びます。また、エマージェンシールーム(ER: Emergency Room)は保険の種類、有無に関わらず、患者を拒否できないよう法律で定められているので、命に関わる場合はすぐにERに受診へ行きましょう。ERに行くほどでもない場合は、まずは主治医のオフィスに連絡し、相談しましょう。ナース、また夜間は当直の医師が電話で対応し、自宅でのケアや、ERへ行くのかなどの指示を仰ぐことができます。また、必要に応じ、電話で薬の処方もしてくれます。

 

薬をもらう

日本では、診療後、病院やクリニック内の、または隣接している薬局で薬をもらって帰ることができるのに対し、アメリカでは、自分の近所の薬局を指定し、そこへ医師に書いてもらった処方箋を持って行くか、医師に電話で処方をしてもらい、薬を購入します。保険によっては薬もカバーされていますが、種類や薬局によって自分の保険が使えるかどうかが異なるので、事前に確認しましょう。

 

 

ディレクトリカテゴリ:医療・健康



本サイト上に掲載される記事、インタビューまたはその他の情報に含まれる見解や意見のすべては、ライター個人の意見であり、必ずしもLA-ENGINEの意見を反映したものではありません。

ページトップへ

JPy+ magazine. Kawaii Happy from Los Angeles. Cross Marketing Grounp USA